メディアージ

10年後のメディアをつくる 仙台・東北発プロジェクト

宮城県議選ボートマッチ

令和元年(2019年)10月27日執行宮城県議会議員一般選挙を対象とした、ボートマッチサービスを公開しました。

宮城県議選2019 ボートマッチ(MIYAGI VOTE MATCH 2019)

ポスターデータ(PDF) ※啓発等に自由にご利用ください

ボートマッチとは、インターネット上で、有権者が同様のアンケートに回答することで、どの候補者と考え方が近いか、を数値化できるサービスです。立候補予定者の方に事前に、政策等に関するアンケートにご回答いただき、回答を元にデータベースを作成しています。
国政選挙では、毎日新聞社やYahoo! Japan等がサービスを提供していますが、地方選挙においてはあまり例のない取り組みです。メディアージは、これまでも2017年の仙台市長選、今年8月の仙台市議選でもボートマッチを独自に企画、公開してきました。

なお10月24日現在、宮城県議選の全候補者79名のうち、回答いただいた候補者数は43名となっております。選挙区によって、無投票(選挙が行われない)地域もあり、候補者の対応も様々となっております。また台風の対策等を理由に回答を拒否される例もありました。

これまでのボートマッチと比較して回答率が低くなってしまった弊団体としても課題と捉えておりますが、今後も様々な形で政治・選挙に関する情報発信に取り組んでいく所存です。